記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナナちゃんありがとう

みなさんこんにちは。ハチミツねこです。 とってもご無沙汰してしまいまして、 申し訳ありませんでした。 ブログ、またぼちぼち書いていきますので、 よろしくお願いします。 いただいたコメントにも、徐々にお返事さし上げようと思っています。 気長にお付き合いいただけると嬉しいです。 毎日寒いですね。 インフルエンザも大流行しているようですので、 どうか気をつけておすごし下さい。 春はすぐそこですよ~。 さて、久しぶりのブログですが、 皆様に残念なお知らせがあります。 我が家のネコのナナちゃん(♀)が、 昨年12月23日に、虹の橋を渡りました。
12月上旬に膀胱炎になってしまった際に、 18歳という高齢ということもあり、 ナナちゃんはネコドック(精密検査)を受けました。 血液検査の結果、高齢ネコの宿命、腎不全であることがわかりましたが、 数値自体はそんなに悪くありませんでした。 暖かくして、身体をいたわってあげましょうね、 そんな感じで過ごしていました。 11月、父の大漁をチェックするナナちゃん
11月、父の大漁をチェックするナナちゃん posted by (C)ハチミツねこ (具合が悪くなる少し前、父が釣り魚を持ってやってきました。 元気だった頃のナナちゃんの写真とともにお送りします)) 膀胱炎は良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。 おしっこが出ないのはよくないということで、 12月中旬ころから、おうちで生理食塩水の皮下点滴をすることになりました。 早くお刺身にしてニャ。
早くお刺身にしてニャ。 posted by (C)ハチミツねこ (こんなに沢山のお魚はみたことがないにゃ! と言っています) おさしみにゃー!
おさしみにゃー! posted by (C)ハチミツねこ (不恰好だけど美味しそうなお刺身のできあがり) トラミちゃんのときに毎日点滴して慣れていたし、 ナナちゃんはとても大人しいネコだったので 点滴や投薬は特に問題ありませんでした。 がっつくナナちゃん
がっつくナナちゃん posted by (C)ハチミツねこ (釣り魚は食べさせたことが無いので、あまりの美味しさに あっというまに完食)) 具合が悪くなっても、今まで治療をしたら必ず回復していた ナナちゃん。 今回も、ハチねこはナナちゃんの復活を信じていました。 まんぷくにゃー
まんぷくにゃー posted by (C)ハチミツねこ (お腹いっぱいになったら、寝るのはネコのお仕事です) でも23日のお昼過ぎには、ナナちゃんは立ち上がれないほど 弱ってしまい、とちゅうでしばしば呼吸も苦しそうな様子になってきました。 病院にも行ったのですが、処置できることはなく、 保温と保湿で快適にしてやってくださいとのことでした。 先生の指示通り、部屋は暖房をきかせ、あたたかくしていました。 その日はとても寒かったので、ソファの上で電気毛布にくるんで、 更にフリース地の毛布もかけて保温してやりました。 (一軒家は寒いのです) でもナナちゃんはだんだん呼吸が弱くなってきて、 そして午後6時過ぎ、とうとうその呼吸は止まりました。 ダーリンは、ナナちゃんのためにネコ用の毛布を追加で買いに出かけていて、 電話で呼び戻したのですが、臨終には間に合いませんでした。 先生に保温っていわれたから、ナナちゃんが寒くないようにと、 近所のホームセンターに行っていたのです。 ほんの数十分しか出かけていなかったんだけど、間に合わなかったの。 妹がたまたま近所にいたので、かけつけてくれて、 ふたりで、ナナちゃんを看取りました。 呼吸がゆっくりになっていき、意識を失いがちになり、 そして、ナナちゃんは動かなくなりました。 ろうそくの炎が消えて行くような、静かな、しずかな最期でした。 ナナちゃんは眠るように亡くなって、そのあとも、 ただぐっすり眠っているようにしか見えませんでした。 ナナちゃんは誇り高いネコだったから、 さいごも美しかったね。 23日は、友人を招いて我が家でパーティをする予定でしたが、 ナナちゃんが急変したため、ドタキャンさせてもらうことに なってしまいました。 当日にいきなりキャンセルすることになってしまって、 友人たちには大変申し訳ないことをしました。 ごめんね。 ナナちゃんもケーキ大好きだったにゃー
ナナちゃんもケーキ大好きだったにゃー posted by (C)ハチミツねこ (パーティで振る舞うはずだったケーキ。) 翌24日は、ハチねこ夫婦と、ハチねこの両親、そして妹夫婦も 参列して、ナナちゃんを荼毘に付し、お葬式をしました。 ナナちゃんには、ケーキと、お刺身と、大好きだったお肉やフードを 一緒に持たせてやりました。 今頃は、先に虹の橋を渡った、 ニポたん、ママニーちゃん、トラミちゃんと 好きなものを食べたり、遊んだり、気ままにお昼寝したりしていることでしょう。 ナナちゃんがいなくなっても、仕事には行かなくてはいけません。 もうすぐ冬休みだからと自分を鼓舞して、 毎日、へろへろヨタヨタと通勤していましたが 年も押し迫った28日に、一通のメールが届きました。 雑誌「猫生活」の編集の方からで、雑誌の特集記事にナナちゃんの 写真を掲載したいので、ブログの写真を使ってもよいか、 という問い合わせでした。 小さな写真でも、雑誌に掲載されたらよい思い出になるだろうと 考えて、写真を使うことを了承しました。 ナナちゃん雑誌デビューしたら、ちょっとすごいじゃん。 そして、雑誌は2月10日に発売されました。 猫生活2012年3月号
猫生活2012年3月号 posted by (C)ハチミツねこ 2012年3月号24ページに、 ナナちゃんの写真が二枚掲載されています。 購読している方は、どうか見てみてください。 ナナちゃん載ってる!
ナナちゃん載ってる! posted by (C)ハチミツねこ 大型書店ではおいてあるところがあるかも。 ハチねこは、楽天で購入しました。 書店で見かけたら、ページをめくってみてくださいね。 (本当は買ってくださいと言わないとイケないんでしょうね~) お風呂場でお水を飲むナナちゃんの写真が掲載されているんですよ。 「猫生活」のサイトは→コチラです。 お風呂場でお水を飲むナナちゃんの写真を見るたびに、 亡くなる前日の、冬至の夜を思い出します。 ゆず湯に浸かっていましたら、 ナナちゃんが浴室の前で「にゃー(入れて)」と 呼んだので、お風呂場に入れてあげました。 浴槽のお水を飲もうとするので、 それはどうかと思い手桶に水を汲んでやりましたが、 直接は飲もうとしません。 そこでハチねこの手で水をすくってやったところ、 たいへん美味しそうに、手からお水をぺろぺろ飲んでいました。 ナナちゃんの小さくて薄く、柔らかい温かい舌が、 あたしの手を時々舐めて、それはとても幸せな時間でした。 今思えば、ナナちゃんはあたしとの最後の入浴をしに来てくれたんだね。 ナナちゃんがいなくなってしばらくの間、 かぎしっぽちゃんが、ナナちゃんのお気に入りの場所だった ソファに登ってきょろきょろしては降りてを繰り返して、 今度は二階にあがっていき、ニャーン、ニャーンと鳴いていました。 一日に何度も、なんども。 いつもナナちゃんと一緒にいたから、ナナちゃんを探していたんだと 思います。 ナナちゃんはお空に行ったんだよ、と言って聞かせても 分かるわけもなく、しばらくはかぎしっぽちゃんの、ナナちゃんを 呼ぶ声が家に響いて、それがまた切なかった。 モモちゃんは、元から甘えん坊さんでしたが、 より一層甘えてくるようになりました。 ネコに生死の概念は理解できないと思いますが、 自分たちのお母さんがいなくなったことは、わかるのかな。 なかよし
なかよし posted by (C)ハチミツねこ これからは、残った二匹のニャンコとの時間を大切にしていきたいと 思います。 いままでありがとうにゃー
いままでありがとうにゃー posted by (C)ハチミツねこ ナナちゃんには楽しい幸せな時間をたくさんもらいました。 ありがとう。 たくさんのありがとうを伝えたいです。 ノラちゃんだったナナちゃんが、仔猫5匹を引き連れて やって来てくれて、本当によかった。 うちを選んでくれてありがとうね。 とうとう雑誌にも載っちゃったりして、 ナナちゃんはスーパーキャットだったにゃ。 これからもハチねこファミリーを見守ってにゃ。
スポンサーサイト

コメント

ナナちゃん、亡くなっていたのですね。
くりにゃ~さんから聞いてはいたのですが、残念でした( ̄人 ̄)合掌
でも、きっと楽しく美味しく過ごせた幸せなニャン生だったと思います。
なんつってもハチねこさんの美味しいお料理のご相伴できたのだから。
ナナちゃん、雑誌の表紙になったの?凄いなO(≧▽≦)O
美猫だったからね。
どこでこの写真が目に留まったのだろうね。
撮影は誰かしら?
こ~なってはモモちゃんもかぎしっぽちゃんもモデルデビューせねば!!
かぎしっぽちゃんは人見知りが激しいから無理かな?

ナナちゃん、亡くなっていたのですか。。。
とても残念。
ご冥福をお祈りします。
ハチねこ家で、楽しくて美味しい日々を過ごして、
幸せだったと思います。
お風呂場での話、泣いてしまいました。
雑誌デビュー!
書店で見つけてみます。
大型書店が少ないのだけれど見つけるんだ!
ハチミツねこさんもダーリンさんも
お気を落とされませんように。。。

ナナちゃんを静かに逝かせてあげて
ハチミツねこさんは幸せだったと思いますよ
沢山の思い出と
最後には本に掲載されるなんて!涙
残された家族は
この変化に慣れるのに時間がかかるかもしれません
特に人間はそうですね
今、豆吉と二匹?の生活になりましたが
いつかは
彼を見送らなくてはならない自分がいます
とても自信がありません・・
勤めもある身分ゆえに
十分なことをしてやれないと覚悟もしてます
ハチミツねこさんは
立派にその努めを果たしたのですから
ナナちゃんも幸せだったろうと感じます
今頃、天国ではうちのゴマと対面して
よろしくにゃ~って
挨拶しているのが目に浮かんでくるようです
ナナちゃんのご冥福をお祈りします
ハチミツねこさんも元気だしてね

ハチねこ家の大黒柱的存在だったナナちゃん・・・
頼れる存在でしたね。
モモ兄さんとカギちゃんの御世話は家政婦のハチねこさんがするとして、
ハチねこさんの御世話はダーリンさんがやってくれるので、安心して天国で見守ってあげて下さいね。
本は三月号ですか…
明日から三月だけど、間に合うかな・・・
探してみます。
ブログは、マァ、気が向いたときにでも。(^^)/

ななちゃん、みんなのお母さんでした。
子供たちに先に逝かれ、ななちゃんも悲しかったと思います。
でも、残った子供たちを面倒見て、良いお母さんだと思います。
腫瘍とかそういうのではないから、あまり苦しまなかったのかな。
眠るように渡った、というのはななちゃん、大往生です。
橋の向こうには子供たちもいるし、久しぶりに再会した子供たちをぺろぺろなめて上げていると思います。
ということは、ななちゃんが転生して、いま、お腹の中にいる、ということでしょうか。(27wだと、計算があわないか?)
魂が融合しているかもしれませんね。
かぎちゃん、ももちゃん、大事にして上げてくださいね。
ダーリンは残念でした。ダーリン、いちばん猫さん好きだったのに。ダーリンをいたわってあげてくださいね。

こんにちは
ご無沙汰してます。
看取るのは辛いですが
最後を一緒に過ごせるのは縁のおかげです。

ご無沙汰してます。
ナナちゃん亡くなっていたのですか。。。
いつかは別れがくるとは思っていても、なかなか受け入れられないことってありますよね。
家族と同じですから。
ハチねこさんとダーリン、元気出して下さいね。
ナナちゃんのご冥福をお祈りします。

ごぶさたしております。
ナナちゃんは今頃きっと、先に逝ったにゃんこさんたちと一緒に楽しく過ごしていますよ。
虹の橋のたもとで、いつかハチねこさんやダーリンさんに会えるのを
待っていてくれると思います。
動物も、もちろん人間も、いつかは命が尽きる。
けれどみんな、またきっと会える。
私も犬を飼うようになって、いつかはやってくるその日のことを時々考えます。
考えると悲しくもなるけれど「ちょっと先に行って待っててくれるだけだ」って思うと
ちょっとだけ心が軽くなります。
もしかすると犬より先に私のほうが逝くかもしれないし。
こればっかりは誰にもわからないもんね(苦笑)。
もしそうなったら私が犬のことを待っていよう。うん、そうしよう。
今はさみしく辛いけれど、みんな天国でまた会える。きっと会える。絶対会える。
その日を楽しみにして、笑顔で過ごしましょう! 
ハチねこさん、泣きながらでもニッコリ笑ってね。

Crambom、さんへ

お久しぶりです。
コメントのお返事すっかり遅くなってごめんなさい。
ナナちゃん、虹の橋の向こうで、
野良牛の狩りに励んでいることと思います。

雑誌は表紙ではなく、記事にしていただいたんです。
たぶん、特集記事を組むに当たって、
検索かなにかしていて、ハチねこのブログに
たどり着いたのではないかな。
これ、とてもよい思い出になりましたよ。

月青(みづきうさぎ)さんへ

ご無沙汰しております。
コメントのお返事、遅くなりまして申し訳ございません~。

ナナちゃんはお風呂場でお水を飲むのが大好きだったんですよ。
最後まで、お風呂場でお水飲んで、
これでお風呂場に思い残すことはないでしょう(笑)
そしてそのお風呂場エピソードで
雑誌デビュー。。。
まったく、我が家に幸せと話題をたくさんもたらしてくれた
にゃんこでした。

いっしょに泣いてくれてありがとう。

プリュムさんへ

ゴマちゃんとお別れした記事拝読しました。
涙が止まりませんでしたよ。
つらい決断をなさいましたね。

我が家のニャーたちは、みんな
ハチねこの腕の中で息を引き取っています。
これって、悲しいけど幸せなことではないかと思うんです。

ナナちゃんは、我が家のにゃんこのルーツでした。
今は、雑誌や写真で彼女を偲んで、
とても懐かしく穏やかな気持ちでおります。

OGULA AZUKI さんへ

もっけろよーん、でございます。
ご無沙汰してしまって申し訳ありません。

ナナちゃん、雑誌デビューだなんて、
わがニャンコながらあっぱれです。

家政婦(あたしのことだ)は、
今は赤ちゃんの世話もしなければならないので
超大変。

ナナちゃんも、そんなバタバタな毎日を
お空から見守っていてくれると思います。

くりにゃーさんへ

どーも、ツイッターではときどきお世話になってました。

うん、計算合わないけど、お腹で育っていた子は
ナナちゃんの生まれ変わり、という気がしています。
だから、娘の名前に、ナナちゃんの「ナ」の字がはいってるの。
あたしの一文字でもあって、われながらいい名前付けたな、
と思います。えへ。

このあいだ写真整理してたら、生まれたばかりの仔猫の写真が
1993年だったの。
ということは、ナナちゃん19歳か20歳だったと思うんです。
(うちに来たときにはオトナのニャンコだったから、
実際の年齢は不明)
本当に長生きしてくれて、うちにしあわせを沢山
運んでくれました。

ナナちゃんのファンでいてくれてありがとう。

ピーナツ豆腐さんへ

こんにちは。ご無沙汰しております。

そうですねえ、人も動物も、
ご縁があって出会い、一緒に過ごし、
そして別れるのですものね。

ナナちゃんとのご縁は、
本当に特別で、
大げさかもしれないけど、
ナナちゃんとかかわることで
あたしの人生が変わったと思います。

そんなニャンコに出会えて、
あたしは幸せでしたね。

アリココさんへ

こんにちは。ご無沙汰しております。
いただいたコメントへのお返事
遅くなって申し訳ありません。

人間で言えばもう老人の年齢とはいっても、
その姿からいつまでも子供のような
ワンコやニャンコ。
アタマではわかっていても、
心が受け入れられないんですよねー。

でもニャーたちの生き様をみていると、
淡々と毎日を生きているんですよ、
どんなに具合が悪くても、
文句ひとつ言わずに。
自分もこんな最期でありたいと、
願ってしまうくらいです。

ナナちゃんの冥福を祈ってくれてありがとうございます。

ねこくまさんへ

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

あたしもねー、先にいったニャンズのことを
考えると、死ぬのも悪くないな(へんな意味じゃなく)
って思いますよ。
あちらでは、苦しいことなんかひとつもなくて、
楽しく暮らしているんだと思えば、
心が少し安らぎます。

やさしいことば、ありがとうございますね。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。