記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燻製の金字塔・自家製カツオブシ★☆彡

削りたてはよい香り
削りたてはよい香り posted by (C)ハチミツねこ これは、おうちで作った カツオブシです。 「ええっ、自家製なの!?」と驚かれたあなた、 ぜひブログ村ランキング♪に 一票投じてくださいませm(__)m ダーリンは燻製熱が高じて、 とうとうこんなものにまで 手を染めてしまったのであります。 ええ、カツオブシですわよ、 おくさま!! わが夫ながら、すごいよダーリン。 カツオを下ごしらえして、 いぶして、 感想させる。 第一段階
第一段階 posted by (C)ハチミツねこ その作業を、 10回くらい繰り返すのだそうです。 (気の遠くなるような作業だあ~) ときどき写真を撮って 途中経過を確認するダーリン。 第三段階くらい・・・たぶん。
第三段階くらい・・・たぶん。 posted by (C)ハチミツねこ んー。これは、 たぶん三回目目くらいの 燻製を終えたところかな。 (彼が独自に進めているので、 細かい工程はよくわからない) 出来上がるまで待つほうがおいしいにゃ。
出来上がるまで待つほうがおいしいにゃ。 posted by (C)ハチミツねこ 完成が待ち遠しい、ナナ(♀でママ)ちゃん。 このおさかなは、ナマで食べても おいしいんにゃけど、 これは、かんせいをまったほうが きっとイイのニャ。 もう何回燻製、乾燥させたことでしょう。 表面を削りましょう!
表面を削りましょう! posted by (C)ハチミツねこ 表面がカチカチになった 完成一歩手前品。 この黒ずんだ表面を削り取って きれいにしましょう。 わくわくするね~(*^^)v まっさらのカツオブシ
まっさらのカツオブシ posted by (C)ハチミツねこ 表面のデコボコがなくなって、 カツオブシらしくなりました。 んまー、本当に、 家でカツオブシって作れるのねえ。 ほんとは、この表面にある種のカビを 生やすことによって、 「枯れ節」という硬い、 旨みのあるカツオブシになるそうなのですが、 もう面倒くさいので、やめたのだそうな。 でもね、味見してみましたけれど、 本当にカツオブシの味がしました。 おいしかったです^^ 素人がへんなカビ生やす前にやめて よかったんじゃないかしら、と 個人的には思っています(笑) 荒削り節
荒削り節 posted by (C)ハチミツねこ 表面に近い、 削りたての部分は、 ニャーたちに差し上げましょう。 いただきますのにゃー!
いただきますのにゃー! posted by (C)ハチミツねこ んにゃー! カツオブシだにゃー!! 興奮して食べまくるナナちゃん。 ささ、トラミちゃん(♂)も食べるかい? くんくん・・・あっ!
くんくん・・・あっ! posted by (C)ハチミツねこ においをかいでみます。 かつおぶしだにゃー!!
かつおぶしだにゃー!! posted by (C)ハチミツねこ カツオブシだとわかった瞬間、 この口の開けよう・・・ 手ごと食べられてしまう危機感が ひしひしと伝わってくる画だ(笑) もっと・・・
もっと・・・ posted by (C)ハチミツねこ ダーリンちゃん、ありがとにゃ。 でも、もっと、こう・・・・ じぶんで食べるにゃー
じぶんで食べるにゃー posted by (C)ハチミツねこ いいから貸してにゃ。 じぶんで食べるから いいのにゃー!! にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ ↑↑クリックしてくれるのにゃあ? ありがとうにゃー。 ハチミツねこちゃんの、元気のモトだにゃー★☆彡
スポンサーサイト

コメント

ネコって、ほんと、
カツブシ好きですよね。
ウチの実家のニャ~たちは、
カリカリにはカツブシが
かかってて当たり前だと
思っているので、
お皿にカリカリをいれても
すぐに食べず、
カツブシはまあだ?と
お行儀よくおすわりして
人間を見上げていました。笑
今、実家の母が入院していて
父+ネコ3匹の生活なので、
父はどうでもいいですけど
ニャンズが超心配です。(T_T)

ρ('ー'*)ポチッ
えぇ、一票投じましたとも。
「10回」って凄すぎですよ。
(こそっと確認。かなり煙くさくなられたのでは?)
燻製職人魂サクレツですね!
大作、お疲れさまでした<(_ _)>
それにしても、途中経過を報告するお姿がまたかわいらしいです。
なんか健気というか。
ハチねこさんとにゃんこさんたちの為に☆愛ですなぁ。
にゃんこさんがたの表情がすべてを物語ってますね。
おいしいんだろうな~。いいな~。

すっっっげーーーっ!(@o@) 鰹節まで自家製!?
ダーリンさん、すっかり職人気質?(^=^)
飽くなき挑戦はまだ続くのかぁ!?
○○○(ダーリンさんの名前)よ! 更なる進化を我らに見せつけよ!
ガンバレ日本っ!(これが言いたかったらしい)
それにしてもいい色っ(^o^)
ちなみに、生鰹節ってなかったっけ? それに近い出来なのかなぁ?
トラミちゃん、ホント恐いくらいクチ開けて・・・(~o~;)
餌を食べる瞬間のクリオネみたい(って見た事ないけど)

なんか、生みたいなんだけど……。
かつお節の最初の工程って、かつおを煮るんじゃなかったっけ?(それがなまり節)。
で、そのあと燻製に入ると思ったけど。
ダーリン、生のまま、燻製に入ったのですね。
これはふしぎなかつお節。
フレッシュ感のある、柔らかいかつお節が出来たのかな。
何回も何回も燻製を重ねて水分を飛ばしていったのですね。
もう、ここまで来ると、趣味の燻製の域を超えているかもしれない。
ひとえに、ダーリンの、ねこたちへの愛のたまものでしょうね。
枯れ節の作成は、まずカツオブシコウジカビをどこから貰ってくるかという難題が控えているから、挑戦しなくて良かったです。温度管理しながら何ヶ月も保管するのは至難の業ですから。だいたい生だし。
荒節の段階で止めておいて正解ですね。
これだと表面のかつお節の味と、内側のフレッシュな味の両方が楽しめます。
ねこたち、大乱舞ですね。
これが見たかったから、ダーリンは熱心な丹念な燻製を続けたのですね。
ダーリンって、猫たちに支配されている?
猫たちに愛し/愛され、ダーリンにとって、幸せな時間となりましたね。
もう、ハチミツねこさん、要らないんじゃないのかなー、ダーリンにとっては。猫さん達さえすれば充分、て感じがしますよー。

ハチさんのダーリンさんへ
オイラ豆吉にゃ
美味しそうだニャ~
アイラの愛蔵版
ハリーとトンとのDVDレンタルと
交換してくれにゃいかにゃー
きっと
ダーリンさんも感動してくれるにゃ

こんにちは
自家製かつおぶしとは凄いです。
このまま薫製屋さんに転職しそうですね。
ハチねこブランドがまた増えました。
削りたてての色艶とともに凝縮された
かつおの味を妄想しております。
これでご飯食べれます(^^)
変にカビを生やさなくても十分だと思います
にゃーたちも大喜びですね。

ナナちゃんとトラミちゃんの表情が美味しさを物語ってますね。
ダーリンの職人魂、すばらしい~。
ちなみに、うちのどーでるが職人魂を燃やしそうなのは
どうも鰹節削り器のほうです。
砥石コレクターかと思うくらいいろいろ持ってる。

こんにちは~
昨晩、だんさんが2階から降りてきて
「すごい!!ダーリンさん、かつおぶし作ったんやて~」と
報告してくれました。(笑)
ダーリンさん、すごいな~
いい香りと味がするんでしょうねえ~

◆ビショップ さん、こんにちはー^^
そうですね、ネコは、ニボシなどよりも
カツオブシが大好きです。
おおー。
ビショップ家のニャンコは、ふりかけご飯じゃないと
食べられないんですね?
カツブシを待ってるなんて、かわいい~(*^。^*)
おとうさま、きっと毎日ニャンコにごはんを
たべさせているうちに、ニャーたちのご飯の
傾向をマスターなさったのではないでしょうか!
うちも、ダーリンが毎日ごはんをたべさせて
いますが、彼はいまや、ニャーのごはんのプロです(笑)
おかあさま、はやく退院なさるといいですね^^
にゃんこは、ごはんくれる人、ふたりに増えるから
ウハウハですにゃー(=^・^=)

◆eastwood さん、こんにちはー^^
ぽち、ありがとうございまする~m(__)m
なんか、ダーリンが自分のブログでもないのに、
順位を気にしていまして(^^ゞ
食べ物が食卓に並んでいるのに、ブログ掲載用の写真を
とるために「マテ」をさせられており、非常に理不尽だ、
これくらい苦労(?)しているのだから、一位になって
当然だ、という持論を振りかざしているのですよ~(^_^;)
ちょっと意味不明ですねっ。
燻製は彼の趣味としてすっかり定着したようです。
まさかカツオブシに手を出すとは、あたしも
思っていなかったー!(笑)
燻製後は、かれは自分自身が燻製になったかのように、
けむり臭~くなりますので、シャワーを浴びてもらいます。
着ているものも、お洗濯です~
もともとは、あたしの飼っていたにゃんこ
ですが、今ではあたしよりもせっせと
ニャーたちの世話に明け暮れるダーリンです。
きっと前世はネコだったに違いないにゃー。

◆ OGULA AZUKIさん、もっけっけーのけーろよーーーん(*^。^*)
ええ、自家製ですの、ほほ。
でも、コストも度外視ですの、ほほ(ヤケ気味)。
もー好きにしたらいいです。そのうちオリンピックの
燻製部門に出場するかもしれないし。
そうですね、カツオブシの中は、少しソフトさが
残っていますかね。
もっと堅いほうが、カツオブシらしいかも。
生鰹節の工程がどうなのか、ちょっとわからないので
なんともいえませんが・・・
トラミちゃんは、カツブシもらえるまで、
ずーーーーっと「にゃーにゃーにゃーにゃー」
言ってました。どんだけ食べたかったんだろう(笑)

◆くりにゃー さん、こんにちはー^^
うーん。半生?(笑)
カツオはゆでるのが面倒だったので、なんとレンジで
チンしたそうです。
そんなんでいいのか、ダーリン(笑)
そのカビ、素人が生やすのはなにやら難儀そうな。。。
そうですね、やめて正解です。
そんなカビなくても、じゅうぶん美味しかったですよ^^
ナナちゃんは、燻製している最中から、このカツオブシを
狙っていました。
燻製の荒熱をとるためにキッチンでカツオを放置しておいたら、
その表面をぺろぺろ舐めてました。
もうツバつけたにゃ、ってことでしょう。
ダーリンはネコに囲まれて暮らすのが
夢だったのです。
いまは夢が叶ってしまい、しあわせいっぱいにしており、
食事もがつがつ食べ放題です。
おかげで、彼はあっといういまに5キロも太ってしまいました。
やばいですわー。

◆プリュム さん、豆吉くん、こんにちは^^
おおお。
そのDVDとなら、カツブシと交換も
夢ではないでしょう。
感動の名作なんだろうにゃー。
ヨシ、ダーリンに打診しときましょ!

◆ピーナツ豆腐 さん、こんにちは^^
そうねー燻製やさんもいいけど、彼の場合は
コストを度外視しているので、儲けは出ないんじゃ
ないかと(笑)
カビは、ふつうの緑色のカビとかが生えると
悲しいばかりなので、やはりここは、
そのまま削ることにしました。
ニャーたち大興奮でしたよ。
ナナちゃんなんかは、食べたさのあまり、
カツオブシ削り器の引き出し、自分であけてましたよ。
ネコって器用だにゃー。

◆もみじ さん、こんにちは^^
ナナちゃんはこのカツブシの熱烈なファンになった
ようです。
先日は、かつおぶし削り器の引き出し部分を
器用におててで開けていました。
どうやったんだろうー。いまだにナゾです(笑)
どーでるさんに、うちの削り器のカンナ部分に
砥石をかけていただきたいわー。
きっと、もっと薄く削れることでしょう。
もしかして、燻製、ダーリン担当、
道具、どーでるさん担当とかで売り出したら、
ばかすか売れるかもしれないですね。
あたしたち、セレブ奥様になるかも(笑)

◆甘党おくたん さん、こんにちは^^
あらー、そんなふうに、だんさんに報告していただいて、
恐縮ですわあ(笑)
あたしよりも、ネコのために作ったみたいですよ。
「ナナちゃん、カツオブシでしゅよー」とかいいながら
おねだりされるがままに、どんどんネコに
あげてますもの。
ダーリンはネコに支配されているんじゃないかって、
ときどき思います(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。