ハチミツねこ

ハチミツねこ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

ハチミツねこ

ハチミツねこ

ハニーが占ってあげるね。

今日は「片栗粉運上昇のきざし」だよ。
片栗粉も戦力として連れて行くでしょう
ハニー先生。
片栗粉って、どんな戦力になるのかなあ。
どろどろになって敵の足を食い止めるんだろうか・・・(怖)


にほんブログ村 おうちグルメ にほんブログ村 猫
スポンサーサイト
Posted by

Comments - 8

There are no comments yet.
eastwood  

片栗粉運☆とろみスープがおいしくできあがりそうですね~。
それにしても、先生、戦場はどちらですか?
片栗粉、澄ました顔して(白いし)、水がかかると豹変しそうで
強そうかも(笑)

2009/03/31 (Tue) 16:24 | EDIT | REPLY |   
ハチミツねこ  

◆eastwood さん、こんばんはー^^
戦場は、奥日光の戦場ヶ原だと思います。
カタクリの花が咲いているので有名だから。。。(^_^;)
まだまだ寒いですから、とろみモノは美味しいですよね。
片栗粉の「きゅっ」とした感じもまたスキです。
素手で触ったときの、他のお粉にはない独特の感じが。
いつまでも触っていたい(笑)

2009/03/31 (Tue) 18:52 | EDIT | REPLY |   
ねこくま  

ギャハハハ! 片栗粉が戦力に…ギャハハハ!
ハニー大先生はやっぱりちがうなぁ。
ギャグのレベルがお高くていらっしゃる!
(あ、ギャグじゃなくて占いか…。笑)
敵が来たら片栗粉をパフパフッ!と投げて目くらまし!!…かな??(笑)

2009/03/31 (Tue) 20:04 | EDIT | REPLY |   
くりにゃー  

うちでは幼少のみぎり、片栗粉を砂糖と混ぜて、お湯でといて、なんちゃって葛湯としてよく食べました。ココアパウダーを混ぜるとチョコ葛湯になるし、そのままでもおいしい葛湯になりました。
うちって、結構、貧乏な家庭に生まれたんだなー、と思ったのは、こういう話をするときですね。
そりゃ確かに、吉野本葛で作った葛湯のほうが旨いんでしょうけれど、ジャガイモデンプンで作られた市販されている片栗粉でも充分に美味しいと思っていたちびくりにゃーでした。
たぶん、戦地の兵隊さんにも、なんちゃって葛湯として支給すれば、戦意も向上して、敵兵を皆殺しにしてくれるものと思います。
だいたい、あのなんちゃって葛湯は身体が温まるのですよ。キタの寒い戦場に侵攻した陸軍の兵隊さんには、身体の温まる、なんちゃって葛湯がいいと思います。

2009/03/31 (Tue) 21:07 | EDIT | REPLY |   
スウ  

こんばんは。
「片栗粉」はきっと、
傷ついた人たちに配るためにあるんですよ(^-^*
経済的貧困と日々の食糧難にあえぎ、
しぶしぶ戦争に参加させられていた人たちも
この片栗粉で、心を癒され、
お互い傷つけ合うのを放棄。
世界は平和になったのでした。
めでたしめでたし…って方向で(^-^

2009/04/01 (Wed) 04:52 | EDIT | REPLY |   
ハチミツねこ  

◆ねこくま さん、おはようございます^^
ハニー先生の目くらましは強力ですよ。
パフパフって片栗粉投げたあとで、
全速力で逃げるんです(笑)

2009/04/02 (Thu) 04:27 | EDIT | REPLY |   
ハチミツねこ  

◆くりにゃー さん、おはようございます^^
うちでもやってました、「なんちゃって」。
我が家では「かたくり」と呼んでいました。(そのまんまじゃん!)
風邪をひいたりすると、母がよくとろとろしてアツアツの
「かたくり」を食べさせてくれたものです。懐かしいなあ。
兵隊さんに「なんちゃって」を食べさせてあげるのは
賛成です。
みんなで仲良く食べた後は、ココロも体もあたたまって、
戦争なんてする気がなくなっちゃうかもしれないですね。

2009/04/02 (Thu) 04:31 | EDIT | REPLY |   
ハチミツねこ  

◆スウさん、おはようございます^^
そうか、片栗粉は癒しを与えてくれるのですね。
じゃがいもでんぷんは、安くて栄養価も高いし、
もってこいですね。
アフリカの人たちにもかたくり、
たべさせてあげたいなあ。
(冷ましてから食べさせてあげようっと)

2009/04/02 (Thu) 04:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。