記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍾乳洞とウナギちゃんで浜松を満喫★☆彡

ryuugashidou-inside1.jpg まだ浜松ネタを引っ張っています。 浜松には、東海地方最大級の鍾乳洞があります。 その名も「竜ケ岩洞(りゅうがしどう)」。 「地域の発展と共に、自分の発展がある。 それが自分を支える。郷土の発展に尽くしたい。」 そう願った地元の戸田貞雄氏が、 なんと私費を投じて発掘した鍾乳洞です。 冒頭の写真のような貴重な鍾乳石を 沢山みることができます。 鍾乳石は1cm育つのに約100年かかるのですって。 だから1メートルの鍾乳石は一万年かかって 形作られたことになります。 自然とはなんと偉大なんでしょう。 人間の人生なんて一瞬みたいなものですね。 ryuugashidou3.jpg 「洞窟資料館」には当時の発掘がいかに 困難だったかを忍ばせる展示が沢山あります。 そのひとつがこのジオラマです。 当時の発掘の様子をあらわしています。 ひと仕事おえて、お茶の時間ですね(笑) ご苦労さまです。 ryuugashidou5.jpg このジオラマの登場人物は実にいい表情をしています。 ガラス越しの撮影で、手すりが写りこんでしまっているのは ご容赦ください。 ryuugashidou3.jpg な、なんて大変そうなんだ。 一生懸命岩を運んでいます。 最初はぜんぶ手作業だったそうです。 ryuugashidou2.jpg ね、よくできたジオラマでしょう? ryuugashidou1.jpg とても小さな穴の向こうに鍾乳洞があると 信じた戸田貞雄氏が、 たった二人の仲間とともに穴を掘り進めていくさまです。 見ているだけで手に汗握りそうです。 「がんばれ、もうすこしだ!」という声が聞こえてきそうです。 この奇特な人がいなければ、今でもこの鍾乳洞は 人間にその存在を知られることなく、 その神秘的な姿を、洞窟の奥深くに秘めたままだったことでしょう。 当時家族から大反対されながらも、掘り続けた 氏の努力に脱帽です。 って感動していたら、 あったいへん。もうお昼時です。 この近くに洞窟をイルミネーションで飾った スポットがあるらしいけど、もう行かなきゃ。 なぜなら・・・ ウナギを食べられなくなってしまうと 困るからです。 この辺のウナギのお店はお昼どきを逃すと、 休憩に入ってしまい、 夕方に再度開店するまでまたなければなりません。 この日は帰宅しなければならないので そんなヒマはない。。。というわけで お昼にウナギを食べなければならないのです(義務?) unagi-fujita.jpgというわけで 有名な「うなぎ藤田」にやってきました。 わーい、 ここのうなぎが食べたかったんだあー。 少し待たされましたが、無事案内されました。 よし。浜松にきたら、まず 「うなぎの白焼き」 を食べなくては。 ということで早速オーダーします。
unagi-shirayaki.jpgワサビ醤油でいただきます。 油の乗ったうなぎに、ワサビが良く合います。 うな重が来るまでのあいだ、 母娘三人でぱくぱくと 白焼きをいただきます。 車を運転しなくていいなら、ここで日本酒を いただきたいところですが、 ここはガマンしなければっ。
unajuu1.jpgじゃじゃーん。白焼きを食べ終えた頃、 「うな重」が出来上がってまいりました。 肝吸とお新香つき。 あーいい香りだこと。 白焼きもうなぎ本来の味と香りがして 大変おいしいのですが、 このタレの甘辛い香りが、もうほんとーに たまらんです。 ではいただきます。
unajuu2.jpg ああああああああああ~。 おいしい。すごく美味しいです。 うなぎの焼き加減もよく、タレも甘すぎず辛すぎず。 ご飯は立っています。お吸い物もいいお味。 山椒を多めに振って(←辛いもの好き) 食べるべし、食べるべし、食べるべし!! あっというまに完食。 ごちそうさまでした!! ryuugashidou-mikan.jpg 鍾乳洞の近くでゲットした柑橘類の数々。 近くの農家の方が地元でとれたものを 販売していました。 枝付きみかん(かわいいでしょ)、 柚子(もうすぐ冬至ですから)、 レモン(辛いのと同じくらい酸っぱいのがスキ)、 そして色づいてしまったカボスです。 オレンジいろしてますが、絞るとステキにカボスの香りがします。 緑色のカボスよりも味がまろやかになっていますが この量で100円はお買い得。 ryuugashidou-rakkyo.jpg これは農家のかたの手づくりらっきょ。 これが、ぱりぱりしていてとても美味。 もっと沢山かってくればよかったです。 このあと東名高速で帰途に着きましたが さいごにちょっと寄り道しました。 というわけで、またつづく。 にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ ↑↑この記事が面白い!美味しそう!!と思ったら クリックして帰ってね! とっても励みになるです^o^ 小旅行ネタ、次回にて終了。 最後までお付き合いくださいませね~ >゜))))彡   >゜))))彡
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
ジオラマ、昔を伝える素敵な資料ですね(^^
手作業でも行われた鍾乳洞発掘、
さぞかし大変だったことでしょう。
過酷なお仕事の後は、
美味しいものが食べたくなりますよね。
戸田氏も新鮮なお野菜や果物を食べながら
発掘を頑張っていたのかな。。
鍾乳洞のお話の後だと、
美味しい食べ物も
ちょっと違って見えてきますね(*^^*

ここのうなぎは美味しくて有名ですね。
名古屋から、お昼に食べに行く人もいるんですよ。
昔、うなぎ2匹食べて、鼻血が出た事あったけど、はちみつネコさんは大丈夫だったかにゃ^^;?
浜松グルメ大満喫しましたね♪
わさびの白焼き、美味しそぉっ^0^
後、忘れちゃいけないB級グルメに浜松餃子もありますよ~。なぜか、茹でたもやしが付いてくるの^^;

うひょ~うなぎの白焼きというのを食べてみたいです。
でもやっぱりうな重がいいなぁ。
鍾乳洞の人形、何だか私に似てるような気もします。

目も舌も十分に満足できる良い旅だったようですね(^^♪
自分も友人を訪問した帰りに鰻を頂きましたが、幸せになれました(>_<)
美味しいものを食べられるのは、本当に良い事ですね!

発掘作業のジオラマとっても良く出来ていますね。
今なら簡単にできる発掘作業でも、当時は大変だったのでしょうね。
ところで、うなぎ。美味しそうですね。
浜松といったらやっぱりうなぎを食べなくっちゃね。
ちなみに私はうなぎのタレだけで、ご飯が何杯でも食べられます。

こんにちは。うなぎの白焼き食べたいと思いながら、なかなか・・・父親が、浜松出身と言うのに・・・;わさび醤油で頂くんですか。美味しそうですね(^^)
鍾乳洞発掘手作業でなんて・・・。小心者なので、『体が挟まったらどうするんだろう』とか、『岩が落ちてきたら・・・』と考えてしまいます。冒険家には絶対向かない私です;

ジオラマ、いい味だしてますね。(^m^)
どこぞのジオラマはマネキンのように妙にリアルでいただけませんでした。
(-_-;)
ジオラマ作り、楽しそう。(そこかいっ)
そうですか、白焼き食べたですか、おいしかったですか。
初めて食べた白焼きがあまり美味しく無かったから、もう食べなくていいや、と思ってたけど・・・。ハズレだったか。(-.-;)

こんばんは
ふぐに続いてうなぎですね。(^^)
>ワサビ醤油
この一言で、素材の良さと店の自信が分かります。
肉でもなんでも素材そのものが良ければ
「塩のみ!!」みたいに調味料はいりませんよね。
でもあのタレはヤバイです。

◆スウさん、こんにちは^^
戸田氏もきっと、地元のおいしい食事を食べていたからこそ
頑張って掘り進むことができたのではないでしょうか。
この鍾乳洞が公開されて三年後、自分が発掘した
鍾乳洞が脚光を浴びているのを見ながら、氏は満足して
この世を去ったそうです。
まさに偉業ですね。
もし浜松に行かれることがあれば、ぜひご覧になってみてください。
素晴らしいですよ^^

◆蝶々さん、こんにちは^^
そうそう、ここのウナギ本当に美味しいんです!
東京の日野にも姉妹店があるようなんですね、今度是非
行ってみたいとおもっています。
あたし食べ物の食べすぎで鼻血出したことってないですね。
食べすぎで気分悪くなることはありますけど(笑)
胃腸も鼻の粘膜も丈夫なハチねこなのでありました。
餃子はまた今度・・・ちょっと食べる時間がありませんでした~

◆げらさん、こんにちは^^
「うなぎ」と「うさぎ」はちょっと似ていますよね(駄)
白焼きもうな重も捨てがたいですか?
カンタンです、両方オーダーすればいいんです!
へえ、ジオラマ、げらさんに似ているのですか。
この仕事あとの爽やかスマイルさんかな~??

◆カラスさん、こんにちはー^o^
むふふ。うなぎって、食べると幸せな気分になりますよね~
特に名店のものならなおさらです。
沢山うなぎ食べちゃったから、この冬はもう風邪ひかないかも~♪

◆アリココさん、こんにちは^^
そうなんですよ、浜松行ったら、うなぎは外せないですよ。
アリココさん、ここのタレは物凄く美味しいです。
このタレで何杯ごはんいけちゃうかしら。
試してみます?(笑)

◆うさぎさん、こんにちは^^
ノンノンノーーーン!!(どこの人?)
父上が浜松出身なのに、白焼きを試していないなんて、
いけませーーん。
ぜひお試しください。おいしいですからっ(力説)。
あたしも「光のない」「じめじめした」「危険な」
洞窟になどとても入っていけません~。
こういう冒険をなさるかたは、やはりどこか凡人とは違うのだと
思います。
でもこういう人たちがいるから、あたしたちはこんな素晴らしい
鍾乳洞を見ることができるんですよね、ありがたいですね。

◆OGULA AZUKIさん、もっけですわーん^^♪
ジオラマ作りは確かに楽しそうですね。
でもこういうのって、スペースがないと楽しめない・・・
一部屋犠牲にしてやるしかありませんね・・・(そこまでする?)
白焼きは、タレでごまかせないぶん、食材のよさと
調理法がモノをいうのだと思います。
うなぎの美味しい評判のお店に行かれたときに
再度トライしてみてください。
あたしは、たいへん美味しいと思いました^^

◆ピーナツ豆腐さん、こんにちは^^
そうね、白焼きは、味付けしていない分、お店が自信をもって
提供している一品なのだと思います。
実際ものすごく美味しかったですよ♪
タレね、やばかったですよ。
なんかあたしのお重だけ、ひときわご飯がてんこ盛りになって
いまして(大盛りとかはもちろん頼んでないです)、
食べきれるかどうか心配だったのですが、ぺろりといけてしまいました。

な、なんと、今度は
うっ♪なぎぃー!!
これまたいいですねぇ♪
関西風のカリカリ焼きもいいですけど、
関東風のふんわり焼きもいいですよね。
浜松はふんわりなんですね。
あーこれも食べたい…(T_T)

◆ビショップさん、こんにちはー^^
えへへ、ふぐもうなぎも食べて、ぜいたくな小旅行でした。
ふっくらしてても決して柔らかすぎず、たいへん美味しく
いただくことができました。
ハムスターちゃんたちは、与えたら、うなぎとか食べるのかしらん?

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。