記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタハタ鍋で、ぷりぷりのブリコを味わっちゃおう★☆彡

hatahata.jpgみなさんこんにちは。 日本魚卵党通信の時間です。 今日はハタハタについてのお話。 ハタハタは漢字で書くと「鰰」。 神様のお魚。 神様のお使いなんだね。 でもこの神様のお使いは、スーパーで、 ひとパック298円が半額になっていらっしゃいました。 おいたわしいので、早速お買い上げ申し上げます(日本語変だから)。 神様のお使いを半額でゲットしたハチミツねこ。 あたし何様?(笑) 本当は「ハタハタ寿司」が食べたかったのですが、ちょっと自分で仕込むのはムリが。。。 それにあたしは今空腹なんじゃ~!! というわけで、ハタハタちゃんは、鍋にして食べることにしました。 ハタハタ鍋といえば、しょっつるで味付けするのですが、 あいにく切らしていまして(そんなのばっかり~) 適当にポン酢でいただくことにしました。 hatahata-nabe.jpg さあいいですか、今日の魚卵アワーに突入しますよ(笑) ハタハタは身離れがよいので、骨を抜かずに 丸ごと入れちゃいます。 むふ。みてみて、 ハタハタの卵、ブリコちゃんが ぐつぐつ煮えていますよ~^^ hatahata-buriko.jpg ハタハタの卵、ブリコは独特の歯ごたえがあります。 他の魚卵とはまったく違った食感、味です。 身のほうも淡白で、これもとてもおいしいです。 鍋だけでなく、塩焼きにしてもおいしいんですよ。 ハタハタは、母の田舎の秋田ではよく食べられていますが、 こちら(関東)ではあまりお目にかかりません。 なのでスーパーで売っているのを見て、思わず 「おお」と叫ぶと、迷わず買い物カゴへ(笑) しかし惜しむらくは、「しょっつる」を切らしていたことですね。 「しょっつる」とは魚醤の一種で、 ハタハタから作られた魚醤のことを特に「しょっつる」と呼びます。 「しょっつる」で味付けすると、上品な塩味のハタハタとお野菜が、 いくらでも食べられるのよね~ 日本酒も止まらなくなるのよね~(笑) 今度はいつハタハタを見つけてもいいように、 しょっつるを買っておかなくちゃ!! hatahata-buriko2.jpg 出血大サービスで、キノコと一緒に横たわる ブリコちゃんもご紹介しときます^^ (↑どんだけブリコ好きなんじゃ) にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ もし記事がお気に召したら、クリックして帰ってね。 とても励みになります^o^ おばあちゃんの作るハタハタ寿司は、それはもう絶品でした。 おばあちゃんはもう10年以上前に亡くなっているのですけれど、 ハタハタ寿司の作り方を教わっておけばよかったなあ、と ちょっと後悔しています| ̄ω ̄、|
スポンサーサイト

コメント

いや~、さすが党首ですわー。
いきなりブリコが登場するとは・・・。
生まれて初めてハタハタを塩焼きで食べた時の
あのブリコの糸の引きっぷりとあの食感に
それはそれはたまげた記憶があります。
まだ鍋にしたこともないですが、
個人的には煮付けにしたのが大好きです。
しょっつるはあるけど、煮付けに使ったことはないんで
今度からそれを使ってもらうようにしようっと。
<煮魚はどーでる担当

◆もみじさん、こんにちは^^
こてぼちゃんが、牡蠣のレシピを運んできてくれました~!
ありがとうございます。さっそく試してみます。
ブリコってオドロキの魚卵ですよね。
ハタハタのブリコの真髄は、ハタハタ寿司にありますよ。
でも通(ツウ)は、ブリコのあるメスじゃなくて、身のしまった
オスを食べるんです。
シシャモも、身はオスのほうがおいしいでしょう?

あはは。
通の自覚、ぜんぜんなかったですわー。
北海道にはハタハタの飯寿司(いずし)がありま~す。
秋田のハタハタ寿司と同じかどうかはわからないですけど。
飯寿司だったら鮭のがいいなぁ。

秋田名物のハタハタは知っていますが、その卵がブリコというのは知りませんでした。いい年して、無知だわ~
写真からもブリコのコリコリした感じが何となくわかりますね。
やっぱり私も食べたくなっちゃた~
でも、うちの方のスーパーではハタハタ売ってるの見たことないです・・・
美味しいものが買えるハチミツねこさんが、うらやましいわ~

党首さま~やっぱり美味しそうですね~ビバ魚卵!
党首様の素敵なケーキの写真を載せたいのですが、
今日から両親がやってきて1週間ほどアップする時間が
ないのです。チョコモンも一緒に旅をしてきますので、
お待ちくだされ。

こんにちは。ブログスカウト事務局の池田と申します。
先日もコメントをお送りさせていただきましたが、
大手ポータルサイト、グルメコンテンツのプロモーションについて、
ご自身のブログで取り上げていただけるブロガーさんを探しております。
http://blogscout.jp/
何度もお声がけしてしまい、申し訳ございません。
ぜひご協力をお願いしたいと考えておりまして、
ご興味を持っていただけましたら、こちらまでメールをいただけないでしょうか?
ご協力いただいた際には、謝礼をご用意しております。
 ⇒ rg-blogscout@media.writeup.co.jp
まずは返信にて詳細をお知らせいたします。ご参加いただくかどうかは
詳細をご覧になった後に決めていただければ結構です。
#突然このような形でご連絡いたしました失礼をお許しください。
 もし不愉快に思われましたら、恐れ入りますがコメントの削除を
 お願いいたします。

安価に美味しさを提供してくれるのは正に魚の神様ですね(^^♪

 こちらでは12/9に「大黒様のお歳夜」という行事があって、ハタハタの田楽を食べます。
子供の頃はそのブリコをバリバリ食べてたけど、今はギシギシしてアゴが疲れるので食べません。(-_-;)
 もしこの表現に「はぁ?」と思ったとしたら、ひょっとして調理の仕方(コツ?工夫?)がいけないんでしょうか?
 しょっつるでハタハタ鍋、そして最後に稲庭うっどーん!
どちらも食べた事ないけど、この記事見てたら食べたくなーるぅ・・・(~o~;)
 そういえば、これからの時期、酒田市の北港では毎年釣り人が押し寄せます。
ハタハタが入れ食いだとか。(@o@;)
一人で数十匹以上釣り上げて、毎年ニュースになってます。
そんなに釣ってどうすんじゃー!?って感じです。 (-_-;)

子供のころ、実家でよくしょうゆ味のハタハタ鍋が出てきました。
でもそのときはあまり「魚の鍋」が好きではなく…
なんとなくプチプチして楽しい、という理由でコッコばかり食べていました。
(コッコ、って言わない??)
今はハタハタといえば「半生干し」を焼いて食べるのが大好きです。
小樽の市場でいつも安く売っていてハマったのですが…
旭川ではちょっと手に入りにくく、見つけたら即買いしています♪

おはようございます。
ハタハタ、わたし食べたことないんですよ~。
魚の神様、どんなお味がするんでしょう(*^_^*
それでも、ぐつぐつ煮えてるところを見ると
かなり美味しそう♪
「神様を食べちゃって大丈夫なのかな。」
なんて不安も、お鍋の写真を見て吹き飛びましたよ~。
スーパーで出会ったら、無心でカゴに入れることにします♪

はちみつネコさんは、秋田のご出身?
私も、秋田犬の展覧会で、何回も秋田に行ったことありますよ^^
きりたんぽ・しょっつる・比内地鶏・お米・お酒。
美味しいものいっぱいなんだけど、何より、人が美味しい土地柄ですね(食人族じゃないよ・笑)
ハタハタのちゅるっとした部分はコラーゲン。
秋田の人は、本当にお肌が綺麗な秋田美人ですが、食べ物にも秘訣がありそうですね^^

◆もみじさん、たびたびどうも~^^
「ハタハタの飯寿司」まだ食べたことないんですが、
たぶん「ハタハタ寿司」とほぼ同じものでしょう。
食べ比べたことのあるかたは、ここに是非コメントいただきたい(笑)
北海道といえば、鮭ですよね~
ハタハタで作るより、鮭で作ったほうが油が乗ってそうですね。
より味がまろやかになりそうだ。食べてみたいなあ。
鮭の飯寿司、通販とかで手に入るかな~??

◆アリココさん、こちらのかたはあまりハタハタ召し上がらないですから
ブリコは知名度が低いかと・・・
あたしも母が秋田出身でなければ、たぶん食べる習慣がなかったと
思います。
ハタハタの入門としては、一夜干などがオススメです。
淡白ななかに、じんわりとしたウマさがあります。
海鮮を扱う大きな店舗などで入手可能かと思います。
もし見つけたら、ぜひ買ってみてください。おいちいよ~♪

◆ブルーなビッグママ さん、おお、とうとうご両親がお見えに
なりましたか~
チョコモンちゃんと一緒に、小豆島に旅行に行かれるんですよね^^
ブルー姉さんは親孝行ですねえ。
魚卵の夢とともに島に旅立ち、島の美味しいものを制覇してきて
ください。オリーブ三昧の日々、うらやましいです。
楽しんできてくださいね^o^

◆ブログスカウト事務局・池田晴子さま、こんにちは。
二度もご連絡をいただき、恐縮です。
ウェブサイトを拝見しました。
このブログは、自分の食べたいものを、食べたいときに
好きなように食べ、それを自由に紹介しているものです。
ご希望のブログ形態にはそぐわないように思いますので、
このお話は辞退させていただきたく思います。
数あるブログの中から、この拙いブログにアクセスいただき
どうもありがとうございました。
これからの御社の活躍を、お祈りしております。

◆カラスさん、こんにちはー^^
ハタハタはこの時期にしか食べられないんですよ。
北の味覚が半額で手に入るなんて、もう即買いしかありません。
神様の粋な計らいかもしれませんね。
ハタハタさまに、感謝~。

◆OGULA AZUKI さん、もっけですう~!
最初「大黒様のお歳夜」を「お通夜」と読んでしまいました。
誕生日だよ。亡くなってないよ(-_-;)
ハタハタは田楽にして食べたことないです!!
ナマのハタハタに田楽みそを塗って、焼けばいいのですか?
うまそーーー!!!!(興奮)
酒田港懐かしいな。
小さい頃、父と一緒に釣りにいって、父が釣った小さいタコに
妹が手をかまれて大泣きしたことを思い出します。
小さい手に小さいタコが絡み付いてて、それが取れなくて
わんわん泣いてたの。
可哀想なんだけど、でもおかしくってねえ~(笑)

◆ねこくまさん、竹下景子さんにぜんぶ!!!(←しつこい)
コッコって、北海道の方言じゃありませんか?
たまごをコッコっていうんですよね?
(違ったら訂正してやってください。)
半生干しは、おいしいですよね~(^◇^)
お魚は干物にするとみんな美味しいけど、ハタハタは淡白ななかに
上品はうまみが凝縮されて、本当においしくなりますよね。
「半生」という響きもイイ。半分ナマだよ、半分(笑)

◆スウさん、神様のお魚、ガツガツ食べちゃいました。
バチがあたったらどうしよう(笑)
ハタハタは、鍋もいいですが、荒塩をふって、塩焼きにしても
とても美味しいお魚です >゜))))彡
レモンやすだちをぎゅっと絞っていただくと、それはそれは
美味しくて、もー日本酒が止まりません(←またそれ)

◆蝶々さん、こんにちは^^
秋田はね、母の実家なんです。
ざんねんながらあたしは「秋田美人」じゃないの~(笑)
秋田の食べ物は素朴で美味しく、大好きです。
とんぶり、じゅんさい、いぶりがっこ、きりたんぽ、ハタハタ・・・
ミョウガのおひたしを、てんこ盛りにして食べるのもダイスキ!
秋田県は日照量がとてもとても少ないので、
人々が一年間に浴びる紫外線量が少ないのですって。
それで皆さん綺麗な肌の方が多いだそうですよ。
やっぱり紫外線はお肌の敵なのね~(>_<)

ブログ村からきましたー
鳥取もハタハタかなり挙がるのですー
漁師の直販サイト運営していてハタハタも売ってますが、今の時期はカニ一色なんで、ほとんど水揚げがないっすw
でもカニの子も結構いけるので機会があればお試しを

◆nanahoshi さん、はじめまして!
ハチミツねこのブログにようこそいらっしゃいました!^^
鳥取でもハタハタが獲れるなんて知りませんでした。
勉強になりました。
サイト拝見しましたよ。もう、かにかにかにかに、かにだらけ(笑)
日本松葉ガニ党員になって、ぜひカニの子を試してみたいと
思います。
ああ、カニがあたしを呼んでいるわあ~♪♪

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。