記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏野菜を食べましょ♪ラタトゥイユ


Ratatouille2.jpg タラトゥイユといえば、南フランスの野菜煮込み料理。 「レミーのおいしいレストラン」でも、 これが重要なカギを握っていましたね。
hageshii-nya.jpg 牢「呼んだかにゃー?」 あ、すみません、今日は「カギちゃん」じゃなくて 「鍵」のお話なんです 牢「紛らわしいニャ」 ごめんなさいねえ(^_^;) またお呼びしますからそのときはよろしくお願 いします~ 牢「かえるにゃ」 牢「そうするにゃ」 かぎしっぽちゃんと、横顔のナナちゃん、 ありがとねー、またねー☆彡 何のおはなしでしたっけ? そうそう、ラタトゥイユ。 主役は、この野菜たち。
vegetable.jpg ああ、なんて彩りが豊かなんでしょう。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) トマト、ズッキーニ、ナス、パプリカ。 あっ、ここには写ってないけど、 タマネギとニンニクも入ります(^^; 下ごしらえ: ・トマトを湯剥きしてざく切りにおく。 ・ナスは1cm厚に切ったら、水にさらしてアクをとる。  ざるにあけて水分を切っておく。 ・ニンニクはスライスしておく。 ・その他の野菜も、すべて大きさをそろえて   切っておく。 「大きさをそろえる」、ここが重要です。 均等に味がしみわたる秘訣です☆^(o≧▽゚) フライパンで、オリーブオイルでニンニクが香りが出るまで炒め、 ニンニクは取り出す。 (好みでそのまま煮ていただいても結構です。) その油でタマネギが透明になるまで炒める。 タマネギを「別の鍋」に移す。 フライパンにオリーブオイルを引き、 野菜を一種類ずつ炒めて塩コショウで味を調えては鍋に移していく。 面倒くさがらずに一種類ずついためてください。 火の通りが均一になり、味が浸透しやすくなります(^ー^* ) 最後にトマトを入れ、 タイム、ローリエを加え、30分ほど焦がさないように煮る。 Ratatouille1.jpg 野菜の形をつぶさないように、ときどき優しくかきまぜてください。 Ratatouille3.jpg 水分が飛んで煮詰まってきたら、完成です。 お好みで、仕上げにオリーブオイルをまわしかけてください。 野菜の水分のみで煮詰めてありますので、 おいしい夏野菜のエキスがふんだんに詰まっています。 味見してみると、「これが野菜しか使っていない味なのか」と びっくりするはず\(◎o◎)/! できあがってすぐよりも、翌日のほうが味がなじんでおいしくいただけます。 夏は冷蔵庫で冷やしたのを、冷たいままいただいても、大変美味です。 これを食べて、夏ばて知らず♪ オタメシアレ\(o⌒∇⌒o)/ にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ ランキングに参加しています。 クリックしていただけると、すごく励みになります♪
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
ラタトゥイユ、大好きです♪
夏野菜をたっぷり取れるから、この時期に最適ですねv
ズッキーニの食感とトマトのお味が最高(TvT
私が作れる数少ない料理の一つ…なんですが、
作り方、勉強になりました。。
今までは面倒くさがって一度に野菜をいためていました(^^;
今度からは1つずつ火を通してみようと思います。

いただいたりして野菜がいっぱいになった時、我が家でも登場します♪
ただ、野菜を1種類ずつ炒めるっていうのはやってなかったですねぇー。
お勉強になりました!今度やってみようと思います☆

「ラタトゥイユもどき」は
作ったことあるんですよ(^^;
野菜の旨みだけで本当に美味しいのかな?
って疑ってしまったんですね・・(苦笑)
それで、「鶏肉」をいれた「もどき」を
つくったっていうわけです(〃_ 〃)ゞ
それは、それでけっこう美味しかったんですけどね・・(^^;
今度は、ハチミツねこさんのレシピを参考に
正しい(笑)「ラタトゥイユ」に挑戦してみます。
作ったら、またご報告しますね^^
「鍵」違いだった「カギシッポちゃん」にぽちっと。

こんばんは~
おお~我が家の昨日の晩御飯の一品は
ラタトゥイユでしたよ~
と言っても
めっちゃ「もどき」だったので
だんちゃんは、
ラタトゥイユとは気づきませんでした。
ということは「もどき」以下だったということ!!(笑)
自分勝手に思い込んでいただけだったのね。
今頃気づいた↓ははは~

ラタトゥイユ、いいですね~! しばらく作ってないなぁ。
ちなみに作り方は手抜きの「ぶち込み方式」ですが…(苦笑)。
今度はハチミツねこさんを見習って、少し気合入れて丁寧に
作ってみようかしらん??

好き嫌いが多くてトマトは勘弁なのですが(X_X)、多分トマトの酸味もいい味出すんでしょうね。
トマト少なめで作ってみようかな・・・。(^^;)
これ、キャンプでもよさそうですね。(^-^)

◆スウさん、ズッキーニってなんであんなに美味しいんでしょう~
きゅうりとカボチャとナスをごちゃ混ぜにしたようなあの
不思議な食感、たまりません~(*^。^*)
あのね、別々に炒めるの、すぐ終わっちゃいますよ。
フライパンにたくさん材料をいれてグリグリするほうが、
意外と時間がかかるものなんです。
ちょっとした手間で、一味もふた味も美味しくなるので
ぜひ!
◆アクママさん、こんにちはー
野菜は煮てしまうとくたくたになり、いくらでも食べられますよね。
太陽を一杯浴びて、栄養がぎゅっと詰まったのを、ごっそり
いただいちゃいましょう♪
「別々炒め方」は、オススメですよ。やってみてくださいね。
◆kayahimeさん。毎度ぽちぽちありがとうございます!
んー。。。「もどき」は、みな一度は通る道では(笑)
あたしもお肉を入れてよくわからない「もどき」を作ったことが
あります(激白)。
それはそれで、それなりに美味しいんですが・・・
今度はお野菜の力を信じて、野菜のみで作ってみてください。
その際は、ぜひ別々にお野菜炒めてみてください。
きっと、開眼しますよ♪
ナスが、他の野菜の味を吸って、超美味になるんですよー(*^。^*)
◆甘党おくたんさん、あれー、「もどき」がここにもー(笑)
でも、美味しければなんでもいいかも(テキトー)
ラタトゥイユって、南仏の家庭料理だから、そのお家の作り方があっていいと思います。
ほら、日本の煮物もそのおうちで作り方とか味が違うでしょ。
あたしのレシピはその一例にすぎませんから~
でも「別炒め」は本当にオススメよん♪おいしくできます。
◆ねこくまさん、ああ、あなたも「ぶち込んで」しまいましたか(笑)
「ぶち込み」は気分的には楽なような気がしますが、さきほどもスウさんに
申しましたとおり、実は一種類ずつ炒めたほうが炒めやすいと思うんです。
そしてそのほうがね、「プロ感」が高まります(笑)
自分に暗示をかけて、さああなたも今日からプロの味!!!
◆OGULA AZUKIさん、おお、トマトがだめなのですか。
あたしは基本的に食材に好き嫌いはないので、
(ナマのニンニクと沢山の八角はニガテですが~)
そういう意味ではなんでも楽しく食べられてシアワセです(*^。^*)
トマトはね、煮込むのでかなりトマト臭さが消えると思いますが。。。
手始めはトマト1コくらいから作ってみたらいいかも♪

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。