記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CSI:科学捜査班」&「コールド・ケース」

CSI:科学捜査班 第117話「CSI“12時間”の死闘 [後編](Grave Danger (2)」 見終わりました。 まずは感想を。 もうね、タランティーノは、しばらくいいや。 おなかいっぱい(笑)。 「ニッキー」 「パンチョ」… お願いですから、ニックのことをみんなで寄ってたかってそんな風に呼んでしまわないでください。 ありんこを見て…というのは、いかにもグリッソムらしいエピソードで良かったと思いますね。 アリがニックの身体に次々に噛み付くCGは、ちょっとこわかったよ。 だって昆虫ニガテなんだもん。。。 あと、ロビンス先生は、たとえニックの夢(というか妄想?)のなかでも あのような悪趣味の解剖を行うでしょうかね? とにかくニックが助かってよかったです。 ニックはストーキングされやすい性質(?)なんですかね。 AXNでは、来春(2009年)にシーズン6の放送をするのに備えて、今までのシリーズを 再放送するようですね。 この機会に、見逃した回(具体的にはシーズン5の最初の4話ぶん)を早速チェックしなければ!! さて、CSIの次にハマっているのは、同じくブラッカイマーが製作総指揮の 「コールド・ケース」です。
coldcase.jpg これは昔に起こった未解決事件を紐解いていく物語なので、CSIのようにエグイ映像はあまり出てきません。 だからごはんを食べながら安心して見られます。 そしてこれはただのクライム・サスペンスではありません。 事件(犯行)当時の犯人、被害者、彼らを取り巻く人々がフラッシュバックして、彼らの過去、現在、生き様そのものが真実を語るんです。これは立派なヒューマンドラマですよ。 そして当時のヒット曲をBGMに多用しているのもイイ。イヤが上にも当時の雰囲気を盛り上げます。 実はコールドケースも、CSI同様、タイムテーブルの確認が甘くて、1話目から3話目までは録画してなかったんですよ、あはは~ なので第4話「靴下」"Churchgoing People"から見始めました。 ただいま19話まで見ております。 その中で、とても悲しかった、でもとても秀逸なエピソードを、 ちょっとだけネタバレありでご紹介します。 第8話「蝶々」"Fly Away" ストーリー: 2001年、母子が窓から転落し、娘のトーヤが即死する事件が発生。 母親のロージーは、一命を取り留めたものの、昏睡状態に。当時は、強盗による犯行も疑われたが事件は未解決のままだった。そんな中、ロージーが意識を取り戻すのだが…。 ロージーは意識を取り戻すも、事件の記憶がよみがえらない。 娘のトーヤは即死している。そのショックからか? 親子をこんな目に遭わせたのはいったい誰?事件当夜、現場から逃げ去った黒人とは誰か?そいつが犯人なのか? リリーたちの再捜査が始まる… 意識をとりもどしたロージーは、 「蝶々」「アザが」となぞの発言を繰り返すばかり。当初、ロージーがトーヤを虐待していたのかと思われたが、トーヤにはそのような兆候、痕跡は見られなかった。彼女達は、貧しいながらも中睦まじく暮らしていたのだ。 やがてロージーの悲しい過去が明らかになる。 「アザ」は娘のトーヤのものではなく、ロージー自身の子ども時代のことだった。 彼女は父親から虐待を受けていたのだ。 犯人は父親なのか?娘だけではなく、孫にまでその魔手を伸ばそうとしていたのか? --これ以上書くとネタバレバレになってしまうので、割愛(笑)-- 精神的に追い詰められたロージーが、最後にくだした決断が、あまりに悲しくて、みていて胸がいっぱいになり、思わず涙がこぼれました。 子どもがこんあんふうに死んでしまう話は、悲しすぎます… えぐえぐ泣きながら、邦題の「蝶々」、原題の"Fly Away"はここから来ているのか…と納得… この回ではリリーの辛い過去も少しだけ明らかになります。 弱者を踏みにじることを許さない彼女の強さは、辛い過去を乗り越えてきたからあるんですね。 これからもがんばってほしいなあ、リリー。 綺麗なおねえさんってスキなんです(そこかい!) ぽちっとお願いします。はげみになるです(^^♪ にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
スポンサーサイト

コメント

うむむ・・・はまりそうな内容ですね
私は銃撃戦で解決される?映画よりも
地道な労作で解決されていく事件の話は好きです
古いところですが
ホームズとかポワロとか
何も科学的近代兵器がないけど
謎は解けていくのですよん

ロージーの悲しい心の傷に
心惹かれてしまうお話ですね・・。
リリーさんの過去も少し明らかになるんですね・・。
悲しみの底を見た人は、
優しく、強くなれますもんね・・。
ハチミツねこさん、説明がすごく上手だから、私もすっかりドラマを見た気分ですよ~(^^)v
リリーさんの過去にポチ(*^^*) /

◆プリュムさん。ほんと面白いですよ「コールドケース」。
犯罪被害者の家族の気持ちや、当時のアメリカの差別
(今もありますが昔はもっとひどかった)のことなども
細かく描写されています。
DVDも出ておりますので、ご興味があれば、ぜひ。
◆kayahimeさん、ポチありがとうございます!!
いやー、なんかね、ドラマ見終わって
興奮しているうちに書くと、こんな文章になってしまうですよー、お恥ずかしい。
謎解きを楽しむだけでなく、男社会でがんばるリリーさんを
応援してあげたくなります。
地上波でやらないですかね?オススメなんですけどね~(*^。^*)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。