記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:科学捜査班 第116話「CSI“12時間”の死闘 [前編](Grave Danger (1)」

ついに追いつきました、HDDに録りためたものを見まくったこの数日間。 CSI:科学捜査班です。 第116話「CSI“12時間”の死闘 [前編](Grave Danger (1)」まで見たよ! ブラッカイマーとタランティーノのコラボだよ!! 後半はAXNでこの週末に放映予定なんですけどね。 まず、あまりネタバレしないように、前半を見た感想。 「う~ん、タランティーノ」(笑) まずね、登場人物のムダ話が多い。 これだけでもう、タランティーノっぽくないですか? たとえばウォリックとニックがロッカールーム(?)で話している場面。ウォリックが銃を持たずにデートしてたら、ロシアのマフィア風(?)の男達に絡まれてどうのこうの… って、長っっ! ウォリックの寡黙な魅力はどこへ・・・?^_^; 次に、キャサリンの実の父、サム・ブローンが友人達と話に興じる場面。 TONY CURTISがゲスト!?スゴイね… でも話、やっぱりムダに長い。サム、どーでもいいから早く本題に(笑) でね、ちょっと考えたのですけれども、 いっそのこと、この前後編だけ、配役を変えてみたらどうでしょー (パルプ・フィクションとか、レザボア・ドッグスとかジャッキー・ブラウンがお分かりの方は、賛同していただける…かな??) グリッソム:ティム・ロス?(テキトー。) キャサリン:パム・グリア(白人じゃないけど…コワイお姉さん風だから?) ウォリック:サミュエル・L・ジャクソン(だって…) ニック:ジョン・トラボルタ(笑・笑・笑) んーとですね。 この配役は、ひとえに、例のロッカールームでのおしゃべりで ウォリックとニックに何の脈絡もなく "Royale With Cheese" とか "Le Big Mac"  とか言ってほしいから、ただそれだけです(キッパリ)。 ウォリックが突然エゼキエル書をそらんじても、いい感じになると思います。 あとはね。 サラ:ユマ・サーマンを黒髪にしてください。ええ、これしかありません(断言)。 ジム・ブラス:えーと…ブルース・ウィリス?(テキトー炸裂) 読んでいる方は、異論もありましょうが、あまりお怒りにならないように。 あくまでお遊びですから~~ そんなこんなで、後編が楽しみなんであります。 ね、あまりネタバレなかったでしょ? ぽちっとお願いします。はげみになるです(^^♪ にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
スポンサーサイト

コメント

先々見ると思うので
超亀レスの予感であります。
ハニー殿のロシアはココからか・・

◆yosさん、この回までキャッチアップしたら、
ぜひこの記事にコメントください!
楽しみにしております(^^
本当はね、トラボルタは主役のグリッソムをあてたかったのです。
あ、トラボルタひとり二役にしよう。なーんだ解決じゃん(爆)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。