記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スクール・オブ・ロック(School of Rock)」


_school-of-rock.jpg また観ちゃった。 「スクール・オブ・ロック(School of Rock)」。 以前レンタルで借りて、とてもとても面白かったのでダーリンに勧めたら、 「ハニーがそんなに面白いって言うのならいいかと思って買ってきちゃった。一緒に観よう。」 ということになりました。彼はDVDは面白そうだと買ってくるんですよね。気に入った映画は何度でも観たいから。 うんいいよ。この映画本当に何度観ても面白いもんね、 一緒に観ましょう(^^ で、この映画を簡単にご紹介します。 2003年のアメリカ映画。 もしロックが好きな方なら必見。でもそうでない方も、コメディとして非常に質の高い作品ですので、やっぱりオススメ(笑) 友人になりすまして名門小学校の代用教員になったロック・ミュージシャンのデューイ。教えることのない彼は、本業のロックの知識と精神を語り始める。やがて生徒たちも興味を示し、クラス全員でこっそりバンドバトルに出場することに…。ダメ教師が生徒たちのやる気を引き出し、生徒からも影響を受けるという、下手をしたらいくらでもあざとくなるテーマだが、ミュージシャンでもある怪優ジャック・ブラックの水を得た魚のような熱演と、個性的な子役たちの名演技で、心の底から笑える痛快作になった。 本作のおもしろさにして特徴は、生徒それぞれに役割が与えられる点。ステージに立つメンバーだけでなく、マネージャーやセキュリティーなど裏方の大切さが無理なく教えられ、デューイと生徒に育まれるきずなにすんなり共感してしまう。それだけなら単なるヒューマンな感動作だが、随所に込められたロックのうんちくで、コアな音楽ファンもニヤリとさせる。「ファミリー」と「オタク」。一見、相容れない両者をともに大満足させる希有な一作。文句なしに楽しめる!(Amazon.co.jpより) いやージャック・ブラックも確かにいいんですけど、子ども達が素晴らしいんですよ。 名門学校のお坊ちゃま、お嬢さまばかりという設定なんですが、よくもまあこんなに個性的で才能ある子どもたちを集めたものだな、と感心しますね。 ドラムの子も、ベースの子も、キーボードの子も、すごく上手。 でも圧巻なのはギターね。あの子何者!? ちょっと調べたら、子役がちは、スタッフがアメリカ中を回って探し出した天才たち、なんだそうです。おお、なんて素晴らしい。 ストーリー自体はありふれた感じですが、この面白さは、脚本が優れてるんでしょうね、加えて魅力的な俳優(もちろん子役も!!) もう文句なしの娯楽作品ですよ。 吹き替えも字幕もよかったです。 あたしは観終わったあとに、コーラスの 「ウーラララ♪、ウーラーララ♪ウーラララ」が頭から離れず、鼻歌化してしまいました。 きっと、エンドロールまでぐいぐい観てしまいますよん(^o^ さあ、あなたもこのホットでクールな映画を観て、 Let's ROCK!!! もしよかったら、ポチっとお願いします。 励みになります(^^♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

観ましたか!これ面白かったな~
細かい所までは忘れてしまっているけれど
とにかく主役の先生のキャラは良かった♪
自分の長所を生かした情熱のかけ方って
見ていて気持ち良かった印象がありました。
もっかい見ようかな~いや、ZEPから楽曲の
許可もらったとうい話題から観た映画なんで
DVD購入する可能性が高いでがす(笑)

◆yosさん、そうなの、また観ちゃったですよ~
何度みても面白いですもの、DVD買っちゃえ~(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。