記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクターへの信頼

あたしのダーリンは、うつ病と診断されて心療内科に通っています。 先日、あたしもドクターの話を聞きたくて、一緒に診察室に入れてもらいました。
小さいけど清潔そうなクリニックで、ダーリンは名前を呼ばれてあたしを伴い、診察室へ。 「僕の恋人です。一緒にお話しを聞いてもらっていいですか」 先生は「どうぞどうぞ」と快諾してくれました。 まだ若いドクターで、話しを聞いている間、忙しそうに端末を打っています。 ダーリンの話を逐一パソコンのカルテに打ち込んでいるのでしょう。忙しそうなお医者さんだなあというのが、第一印象。 あたしはダーリンの普段の生活についてこう説明しました。 「会社に行くと午前中は何とか仕事できるが、辛くて午後は早退してしまう。翌日は調子が悪くてほとんど何もできない。このままでは悪循環なので、いっそのこと長期休養などのまとまった休みをとったらよいと思う。 会社に行けばどうしても仕事を頼まれる。5月には海外出張も入れられてしまった。彼にこの出張がこなせるかどうか難しいと考えている」 すると先生はこう答えたのです。 「うつの薬は飲んでおり、効いているはずだ。調子が悪くなるのはうつのせいではなく、パニック障害と軽いが狭心症も併発しており、そちらのせいだ。うつの薬は効いているのだから、うつのことは心配しなくてよい。仕事や対立しているものから逃げてはいけない。」 あたしはびっくりしました。 『鬱には休養第一で、励ましは厳禁である』と大学の臨床心理学の時間でも教わったし、ネットを検索してもほとんどのホームページやブログにそう書いてあるよ! 最後にドクターはこうおっしゃいました。 「あなた(あたしのことです)が、彼ががんばれるように支えてあげてね。 不安発作が起きそうになったら、パニック発作の薬を飲めばいいから」 はあ、もちろん支えてあげるつもりでいますけど… そして、「パキシルをもっと増やしましょう」と締めくくって終了。 (パキシルとベタマックとランドセンを以前から処方してもらっています。心臓が苦しくなったら舌下で溶かすニトロ系のお薬ももらっています。お薬もうつのお薬はもっと増やしてよいという判断でしょうね) その日はお薬をいただいて帰りました。 なんだか頭が混乱しています。 ダーリンのうつは、重症ではないからそういう風に言ったのかな? 確かに、買い物には行ったりできるし、TVを見て笑ったりもしている。 でも、自殺念慮もあったし… それがドクターの治療方針なら、従ったほうがいいの? ダーリンは、素直に先生の話を聞いて、診察が終わったあとは、 「来週からはがんばって会社に通うよ。オレがんばる」と言っています。 でも、ほとんど出社できていません。 がんばれていないのです。 あたし、正直その先生のその治療方針でいいのかと不安になりました。 だって循環器系の検査もしていないのに問診だけで「狭心症」とか言っちゃって、少しおかしくないですか?狭心症は非定型とかいうふうに形容していましたけど。 彼には不整脈があり、ストレスが加わると以前から胸苦しさを訴えてはいました。 それに関しては循環器系の検査を受けるように彼に再三言ってきたのですが、まだ受診してはいません。それより先に、うつの方が辛くなっちゃったんですよ。 いま真剣に、セカンドオピニオンを求めてはどうなのかと考えています。 ダーリンにあたしが感じたことを、話してみようかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

ハチミツねこさん。僕はお医者様ではないので正直解っているわけではありませんが、なんだか違和感があるのです。。。
心療内科の先生ってPCに打ち込むよりも患者さんがお話をしている時によ~く顔を診て、眼球の動きなんかを診て、気持の奥のほうまで診るんじゃないかな~ってボクは思うのです。。。
お薬だって出来ることなら少ないほうが良いでしょうし。。
聞いた話ですが「うつ」の場合自分に合った先生が一番で、「この先生はすばらしい」とは言っても本人が安心できなければ すばらしくは無いのでは…
治ったからと言っていきなりお薬をとめると逆効果って話も聞いたことがあります。。。
いろいろな病院に行ってみてお二人が安心できる先生を探されたらいかがですか?

◆RIBAKENN さん、こんにちは。
そうですね、ダーリンにもあたしにも納得のいく説明をしてくれる、
信頼に足るドクターを探してみようかと思います。
親身になってくださって、どうもありがとう。嬉しいです。
(*ΦωΦ) ハチミツねこ

あくまで自分がですが
自分がハチミツねこさんの立場なら
さっさと違う病院へ行きます。
パソコン打つなんて後でできるでしょうし。
薬は必要ですが、副作用のことを考えたら
志の高い医師ならなるべく減らす方向ではないか?
と私は考えてしまいます。
ましてや心療内科なら
二人して気分が良い場所であった方が
症状も良くなると思うのですけれど・・
素人考えでごめんなさいね。

◆yosさんこんにちは。
親身になってくださってありがとうございます。
先日セカンドオピニオンについて話をしたんですが、
ダーリンは今のドクターでいいと言うんですよねー…
あたし、鬱病に関する書籍とネットで調べたものを、
ダーリンに見てもらおうかなと考えているんですよ。あたしはどーしても釈然としないものが残るので。。。
(*ΦωΦ) ハチミツねこ

難しいですね。
ダーリンさまは、今のドクターの「どういう点」が、いいのでしょうね。
お料理、とても上手でなのですね。
美味しそうでした。

◆miewie さん、ブログに来ていただいてありがとうございます!
ダーリンはですね、長期療養がイヤなのではないかと思います。
がんばれば回復するというドクターの言うことを信じたいのかもしれません・・・
(*ΦωΦ) ハチミツねこ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスねこカウンター

プロフィール

ハチミツねこ

Author:ハチミツねこ
DIONのLOVOLOGから引っ越してまいりました。
どうかよろしくお願いいたします。

メールフォーム

ハチミツねこへのメッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。